乳酸を用いたラクトピールを塗布することで皮膚が強酸にさらされます。

ところがラクトピールでは強酸性の作用が皮膚の表面のみに限局(ケミカルピーリング剤として特許取得)されます。

そのため強酸性の作用は表皮より下層に行くことはありません。酸によるピリピリ感が少しある(施術部位によっては全くない)だけです。





 

その時の皮膚内の振る舞いは上層部細胞が全部障害を受けたと判断しメッセージ物質がその下層の細胞にコラーゲンの増殖を促すと考えられます。


ところが、ラクトピールによる作用は表層だけなので直ぐに修復され生成されたコラーゲンは余ってしまうと考えられます。


それによって、まるで成長因子が活性化したかのような肌のキメを整え、肌に張りやツヤを与え、肌を引き締めます。